ボトムアップの社風、充実した福利厚生、徹底した労務管理で、
より高いQOL(quality of life)を実現。

「ハードで大変そう」、そんな印象も強いIT業界。その中でも当社はライフワークバランスを整えられる環境があります。
1つ目はボトムアップの社風。社内業績は常にオープンにして社員全員で会社を作り上げていくだけでなく、社長や幹部との距離も近く、
社員の声が反映されやすい為、社員の「やりたい」に応えやすい環境が整っています。
2つ目は福利厚生。社保完備は当然の事、住宅手当や誕生祝い、充実した保養施設など、プライベートの充実を図れる福利厚生が整っています。
3つ目は徹底した労務管理。残業0、有給取得率70%以上を常に目指し、全社員の勤怠管理を徹底して行っています。
2018年には東京都の『働き方改革宣言企業』として承認されました。

みんなで楽しむ風土。みんなで考えて実現する社風。

テニス、フットサル、ボーリングなど、みんなでやりたいスポーツを月1回クラブ活動として実施。また社外との交流も兼ねて、金融やIT業界の企業が参加するフットサル大会にも毎回参加してます。その他、バーベキューなどのイベントを定期的に行うなど、みんなでコミュニケーションをとって楽しむことを大切にする風土です。また業務においては、3ヶ月に1度の全体会議や月1回の月例会で、計画中のビジネストピックはもちろん、業績も全社員へオープン。会社のことをみんなで考える社風であり、意見も提案もしやすい環境です。さらに新しいことを立ち上げるのも早いので、ビジネスもイベントも社員の発案から実現したものが数多くあるのも特徴です。

保養所など、福利厚生が充実

右の写真は、当社が会員として利用できるリゾート施設のひとつ、『エクシブ湯河原離宮』です。このエクシブを始めとした全国各地にある保養施設を、当社では手軽な値段で利用することができます。また、会社全額負担の研修や外部の研修を無料で受講することで、エンジニアとしての必要な資格を自己負担なしで得ることができるだけでなく、社会人としてのスキルアップも常に行える環境にあります。他にも、参加自由型の社員旅行やスポーツのみならず釣りやサバゲーなど多岐にわたるクラブ活動、20代限定の住宅手当など、充実した福利厚生で社員の心身がリフレッシュできる環境を整えています。

働き方改革宣言企業

フラクタルシステムズの取り組み

フラクタルシステムズ株式会社では、ライフワークバランス向上のため、管理体制の見直しや新たな制度の導入など様々な改革を進めてきました。
長時間労働の削減および年次有給休暇の取得促進に向けて全社的に取り組んでいます。
このたび目標および取組内容を定めて働き方改革宣言を行ない、「TOKYO働き方改革宣言企業」として承認を受けました。

■宣言内容
従業員のライフワークバランスの推進を目指して、働き方改革に全社的に取り組みます。

TOKYO働き方改革宣言企業

残業0、有給取得率100%を目指します。

当社の現在の平均残業時間は13.1時間(2017年11月時点)、有給消化率は65.9%(個人平均)。産後復帰率100%達成。
過重労働で話題になる事も多いIT業界においてこの数値を出せるのは、ひとえに、徹底した労務管理にあります。毎月必ず、全社員の労働時間を把握、残業時間が毎月30時間を超す者には、なぜ過重労働が発生したか、問題の改善に向けて管理職者と話し合い残業を減らすよう随時管理を行っています。
また、産後復帰率の高さには、育休や産休はもちろんの事、シフト勤務や短時間勤務など調整や、男性の育休取得なども積極的に推進するなど、柔軟な働き方を行っている事が背景にあります。「定時でなく、もっと早く子供のお迎えに行きたい」「まだ小さい子供がいるから、残業は極力無いようにしたい」など、家庭の事情なども顧みて、ライフスタイルに合わせた対応ができるのが、当社の大きな特徴のひとつです。

心の健康づくり計画

厚生労働省「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に従って、社員の心の健康づくり活動の具体的推進方法を定めるものとして、「心の健康づくり計画」を策定しております。
東京産業保健総合支援センターのアドバイザーから助言をいただき、本計画を策定しておりますので、これに沿って心の健康づくり活動に取り組んでいます。

------------------------
<2018年度実施予定>
・職場環境把握と改善
・管理職者向けメンタルヘルス研修
・全社員向けセルフケア研修
------------------------

求人採用のエントリーはこちら

エントリー(新卒・中途)